デリヘル:デリヘル初心者講座 - IMG_3963・初めてのデリヘル〜誰でも、簡単に気持ちよくなれる大人の遊びです
> >

初めてのデリヘル 〜 誰でも、簡単に気持ちよくなれる大人の遊びです

初めてのデリヘル風俗

皆さんは「風俗」を利用したことはありますか?不特定多数の女性とエッチなことをするのに抵抗がある人もいるのではないでしょうか。性的な行動については誰かがどうこう言うことはよくないです。。

彼女以外の女性とエロいことはしない、彼女ができるまでは清い体でいる、そうした選択肢ももちろんOKです。しかし、色々な女性とエロいことをして気持ちよくなりたいというのは男性の本能でもあります。日本ではそうした男性(一部女性も含めて)の性的快楽を満たす場所として「風俗」が法的に認められています。

合法ですので何も後ろめたいことなく堂々と遊ぶことができます。風俗には色々な種類がありますが、特にここでは「デリヘル」というものに絞ってその「トリセツ」を解説していきたいと思います。

誰でも最初は緊張しますし「怖い」という感情を持つのは当然です。でも慣れればこんなに安全で楽しい遊びはないのです。合法で警察もある意味守ってくれていますので、ぼったくられるなど危険はかなり低いんですよ!

1.デリヘルについて

デリヘル風俗についていろんなお話

まずは「デリヘル」とはどのようなものなのかお話しします。

名前

「デリバリーヘルス」の略称です。正式には「風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律」(風営法)の「性風俗関連特殊営業」、「無店舗型性風俗特殊営業 1号営業 – 派遣型ファッションヘルス」と呼ばれるものです。

サービス

「異性の客の性的好奇心に応じてその客に接触する役務を提供する営業」と法律では規定されていますが、よくわかりにくいですよね。簡単に言うと本番行為(セックス)以外のエロいことは何でもできるようになっています。ペニスを膣に入れてしまうと(法的には)アウトということになります。

通常のデリヘルでは、フェラ、手コキ、69、素股などを行って男性を射精に導くサービスが行われています。もちろん、男性も女性を触ることができますし、おっぱいしゃぶったり、あそこをクンニしたりすることも可能です。

ただし、「法的にできること」と「そのお店でできること」は違います、お店によってはフェラ、クンニNG、ただし、飛び切り上級の超美人を用意している、なんてお店もあります。セックス以外は「法的にできるライン」だと考えてください。

どこでプレイするの

「デリバリー」とあるように特定の店舗でプレイをするわけではありません。
・お客様の自宅
・ラブホテル
・ビジネスホテル
・レンタルルーム
など、ベッドやシャワーがありサービスができる場所に女性が赴きます。自宅以外の場合は部屋代も負担していただくことになります。

値段

時間や(お店ができるサービス)、女性の容姿などによって変わります。
通常

40分10000円〜12000円
60分15000円〜20000円
90分20000円〜30000円

程度が相場です。これに出張費(交通費)2000円〜5000円、プレイ場所の料金がかかります。出張費は女性が待機している場所からプレイ場所までの距離によって変わってきます。ごく近くの場合は、出張費無料なんてところもあります。

遊び方

あくまでその場での性的満足を得るためのもの。時間内ならば女性は献身的にサービスをしてくれます。お金を払っているのですから、お願いできることはしてみましょう。彼女がやってくれないプレイや憧れのシチュエーションなども可能です。

ただし、あくまでそういうお店ですのでリアルな恋愛感情はNGです。色々こじれるとトラブルになることがありますので中止してください。あと、本番行為の強要はどこの店であってもNGです。セックスはデリヘルでは違法です。注意してください。

2.お店を決める

デリヘル風俗 お店を決め方

デリヘルを呼ぶにはお店を決める必要があります。どうやって決めればよいのか。大きく以下の2つの方法があります。

HP、風俗誌で探す

「デリヘル 新宿」や「デリヘル 品川」など地名で検索するとその地域で人気のあるデリヘルがヒットします。デリゲルが多い場所としては都内ならば、上記の他、渋谷、池
五反田、鶯谷、立川、錦糸町、八王子などがあります。地名で検索してヒットするお店はそこの地域ならば出張費も安いので、例えば錦糸町のホテルに泊まっている場合「デリヘル 錦糸町」でヒットしたお店にすれば安・近・短で呼ぶことができます。

HPにはそのお店独自のもの、デリヘルまとめサイトのようなものがあります。いずれも掲載店は「風営法届出店」とあるはずなので、合法でかつ警察の指導があるお店です。つまり、ぼったくりや脅迫行為がなく安心して楽しむことができます。

無料案内所で探す

新宿(歌舞伎町)や池袋、鶯谷といったいわゆる「風俗街」には、「無料案内所」というものがあります。簡単に言うと、デリヘルなど風俗の広告がたくさんあるお店があり、そこの店員さんがいて、希望の風俗や値段、お好みの女性のタイプなどを聞き、その時間に空いているデリヘルとコンタクトを取ってくれます。

利用料は無料で、実績のあるデリヘルを選んでくれて、なおかつお店とのやり取りも代行、場合によってはホテルの案内もしてくれます(予約は自分で行うのが原則です)。初心者でもすんなりとホテルまでの過程をクリアすることができます。

ただし、案内所近くのお店、ホテルの利用しかできないので、自分のところに呼ぶというよりも、風俗街でプレイできるホテルを探すというスタイルになります。

3.お店に電話する

どこのお店にするのか決まったら、いよいよデリヘルに申し込みを行います。電話で何を話したらよいのかわからない場合、初心者であることを正直に伝えましょう。向こうから必要事項を聞いてくれるはずです。

お店に話すことは以下。

出張場所(どこのホテル、自宅、自宅の場合は細かい住所なども)

プレイ時間

コース

指名するかしないか

(女性を指名することもできます(基本有料)し、フリーで空いている女性にお願いすることもできます)

どのくらい前から予約できるかはお店によります。通常は1日〜当日の場合が多いようです。なお、案内所の場合は案内所の人がこれを代行してくれます。

4.女の子を決める

デリヘル風俗 女の子の指名

フリーでお願いしない場合は、どの女の子のするのかここで指名をします。HPに写真が載っていますが、全てを確認することはできない場合が多いです。目線が入っていたり口元にモザイクがあったりして、完全な顔写真ではないので、その辺は割り引いて考えてください。

年齢についても本当の年齢ではないかもしれません。通常は本当の年齢よりも若い年齢で掲載されています。その辺りは「お約束」ということで理解してください。よくマンガなどであるように「チェンジ」はまずできないと思ってください。写真が「奇跡の1枚」という可能性もあります。よく考えて、せっかくお金を使うのですから悩み、悩んでください!

5.女の子との連絡

基本的に女性と直に連絡を取ることはありません。ご自身の携帯番号は伝えてありますから、そこに(非通知の)電話がかかってくることはあっても、逆にこちらからかけることはないと思ってください。何かあればお店の方と連絡を取ります。

ホテルの場合

滞在しているあなたの「お連れ様」としてやってきます。フロントから連絡があるはずですので、それまでに準備しておきましょう。

自宅の場合

女性が直接チャイムを鳴らすことになります。部屋はきれいにしておきましょう。

同伴の場合

ホテルなどの外で女性と待ち合わせて一緒に入ることも可能です。ちょっとした恋人気分を味わえます。ラブホの使い方に不慣れな場合はこの方法ができないか聞いてみて、チェックインやチェックアウトを女性にお願いすることもできます(もちろん、ホテル代はあなたの負担ですよ!)

このようにして部屋に女性を招き入れた時からプレイは開始されます。入室〜退室までをプレイ時間と計算する場合と、本当にプレイしている時間だけを計算する場合と両方あります。後者の方が「優良店」になりますね。


まとめ

・デリヘルは店舗以外の場所(自宅、ホテル)に女性を呼んで性的サービスを受けるお店

・プレイ内容はセックス以外の行為が基本的に可能である

・初心者でもHPなどがあるお店であれば向こうのほうから優しく教えてくれる