デリヘル:デリヘル初心者講座 - img_4468・デリヘルってなに?
> >

デリヘルってなに?

デリヘル風俗のサービス概要

デリヘル」って聞いたことありますか?「デリバリーヘルス」の略ですが、女の子を自宅やホテルに呼んであんなこと、こんなことエッチなことができるサービスです。18歳以上ならば利用でき、誰でも簡単に気持ちよくなることができます。ここでは、デリヘルの概要について分かりやすく説明します。絶対に楽ししい、気持ちいいですよ!

1.デリヘルって何?

無店舗型の風俗で特定のお店を持ちません。女の子は別の場所に待機していて、申し込みがあると文字通り「デリバリー」されてお客の下へ行ってサービスをします。風営法で許可された合法のサービスなので安心してください。

デリヘル店舗

店舗を持たない風俗なので、全て電話等でやり取りをするのが基本です。ただし、中にはビルなどに事務所を構えていてそこで手続き(お金のやり取りも含めて)を行う場合もあります。地域や風俗街にあるかどうかで差があります。

デリヘル嬢

普通のお姉さんです。中には「人妻」や「外国人」という属性を持っていることもあります。それはお店の特色であり、避けることも可能です(人妻がいいならば「人妻専門デリヘル」で検索するとヒットします)。基本的には独身の若い日本人の女の子が多いですね。あ、もちろん18歳以上ですよ。15歳の女の子だと知っていてサービスを受けたら捕まりますのでご注意を!

「巨乳」「貧乳」など男性の性癖を満たしてくれる色々な女の子が在籍しているので安心してください。

サービス内容

ざっくり言うと「本番行為」(セックス)以外のエッチなことは法的にOKです。ただし、法的に許可されているからといって全てのデリヘルでできるとは限りません。

・フェラ
・クンニ
・69
・素股
・手コキ
・ディープキス
・おっぱいを吸う、舐める

などが主なデリヘルサービスですが、お店によって、女の子によってできるラインが異なります。手コキお触りまでしかできないデリヘルも中には存在します。

要は性風俗営業を行うためには「デリヘル」としての許可が必要だと思ってください。

その他マニアックなものとして、af(アナルファック)や痴漢プレイなどが可能なお店もあります。アナルファックよとは要は女の子のお尻にペニスを挿入するわけですが、性器ではないので本番行為には当たらないんですね。もちろん、嫌がる女の子が多数なので限られています。

痴漢プレイなどフェチプレイもできるお店があります。コスプレくらいなら多くのお店でオプションであるかと思います。非日常を経験するにはもってこいですね。

2.デリヘル嬢はどこに呼ぶの?

「デリバリー」ですのでそこにお店はありません。店舗型のヘルスもありますが、許可されている風営法の条文が違うもので、現在では新規出店はほとんどできなくなっています。デリヘルだけが新規出店できると思っても良いですね。

そこでプレイ場所ですが

・自宅
・ラブホテル
・ビジネスホテル
・レンタルルーム

などに呼ぶことになります。自宅NGのお店もありますので注意してください。大体はお店(女の子が待機しているところ)の近くのホテルに呼ぶことになると思います。レンタルルームとは風俗街の近くにある簡易ホテルのようなもので、シャワーと簡素なベッドだけで、要は一般客の宿泊を前提としていない、風俗専用のプレイ場所だと考えてください。

結局、店舗の出店ができなくなったので、その代わりに近くにそれ専用の部屋でプレイすることになったと思っていただくと分かりやすいです。もちろん、出張の際にホテルに女の子を呼んで一晩限りのエッチなことをするのもOK。沖縄などでは旅行者向けに色々と案内してくれるデリヘルもあるようです。

3.デリヘル料金の相場は幾ら?

デリヘル風俗の料金相場

基本的にデリヘルで遊ぶ場合

「プレイ料金」+「出張費」+「ホテル代」

がかかると思ってください。店舗型ヘルスの場合はプレイ料金だけで済みますがデリヘルはそれにプラスしてかかってしまいます。

相場ですが

プレイ料金

40分10000円〜12000円
60分15000円〜20000円
90分20000円〜30000円

あたりですね。10000円を切ることはほとんどありません。また、中には複数の女の子とのプレイ(3Pなど)が可能なお店もあります。

季節によってクリスマスやハロウィンのイベントが開催されていることもあり、そうした場合は割引などを行うこともあります。イベントには乗っかっておきましょう。

出張費

詳しくは次の項目で解説しますが、女の子がプレイ場所まで行くときの交通費です。大体、1000円〜4000円程度です。場所によって左右されますし、あまり遠くだと行けないこともあります。

ホテル代

自宅ならばかかりませんが、外部のルームを借りる場合は当然その分の費用が発生します。

ビジネスホテル 7000円〜10000円
ラブホテル   4000円〜8000円
レンタルルーム 2000円〜4000円

くらいが相場でしょうか。ビジネスホテルや普通のホテルなどではデリヘルを呼べないところもあります。どこに呼べるのかはお店の人に聞いてみてください。

なお、特定のホテルを斡旋したり、お店の方から連絡をして予約したりしてくれることはありません。建前上お客が自分で選んだ場所に自分の意思で呼ぶことになっているので、特定のホテルとお店が連携することはあってはならないのです。

ただし、初心者の場合聞けばいくつか「よくお客が使っているホテル」を紹介してくれますので、そこに自分で連絡し、予約します。

4.出張費ってなに?

デリヘルの料金はあくまでプレイ代でので、現場まで行くのにお金がかかります。その時の女性の交通費を「出張費」と呼びます。上でも書いたように1000円〜4000円が相場ではありますが、場所によっては無料なんてこともあります。

女の子が自分で電車やタクシーで来る場合と、ドライバーが送迎する場合両方あります。深夜に呼ぶ場合基本的にタクシー移動になるので、それ以上の請求が来る場合もあります。送迎ありの場合、そんなに交通費がかからないじゃないか?と思うかもしれませんが「そういうもの」だとご理解ください。

なお、よくあるように「チェンジ」はNGですし、本番行為の強要などをすればドライバーの人が飛んでくることになります。ご注意ください。

5.知っておいた方がいい用語は何?

デリヘル風俗を使う際に知っておきたい用語

デリヘルを使う際に知っておいたほうが良い言葉をいくつか挙げます。

・アナルバイブ
男性のお尻にバイブを挿入するプレイがあります。かなり上級者向きです。

・イメクラ
コスプレをしてプレイしてもらうこともお店によっては可能です。オプション料金がかかる場合があります。

・SM(えすえむ)
射精を伴うSMは現状ではデリヘルのカテゴリになります。

・回春エステ
性感マッサージをこう呼んでいるところもあります。デリヘル許可のある回春マッサージはちゃんと手コキで射精させてくれます。レベルが高い女の子が多い反面、脱いだり舐めたりはできないお店が多いです。

・ゴムフェラ
病気が怖ければ頼めばゴムフェラをしてくれます。快感と病気リスクとのせめぎあいですね。

・写メ撮影
女の子の写真撮影は流出の危険があるため基本NGです(勝手に撮ると通報されます)が、中にはオプションでOKなお店や女の子もいます。ただ、料金は高くなります。

・素人
本当の素人はほとんどいません。デリヘル初めてというよりも「このお店初めて」って感じです。処女などはまずいないので期待しないように。

・体験入店・新人
新人の場合安いことがあります。ただしすぐに辞めてしまうこともありますし、技術も未熟です。安心して楽しみたいならばベテランを選びましょう。

・店舗型
サービスは同じですが、上でも書きましたがデリヘルとは別のカテゴリの風俗です。新規出店がほとんどできなくなっています。いわゆる「マットプレイ」は女の子がマットを持参するわけにはいかないので店舗型ヘルスの特徴だと言えるでしょう。

・本番
膣へのペニスの挿入、つまりセックスです。デリヘルではそこまで認められていないので違法行為になります。これを強要すれば通報されて、店員(怖い男性)がやってきます。「本番」→「木番」→「基盤」とスラングとして変遷しています。「基盤嬢」は本番させてくれる女の子のことを指します。もちろん違法行為です。

・オプション
基本プレイに追加して可能な行為になります。コスプレやSMが有料オプションとしてメニューにあるお店もあります。もっと過激なプレイがオプションであることもありますが、初心者はやめておいた方がいいでしょう。やってくる時の服装(スーツ、ワンピースなど)が無料オプションの場合もあります。無料オプションはたいしたことないです。

挙げていくときりがないのでこのくらいにします。

6.デリヘル嬢から好かれる客、嫌われる客

これは相性がありますので何とも言えませんがだいたいこんな感じです。

好かれる客

・若い客
・清潔な客
・指名してくれる客
・過剰なサービスを求めない客
・話していて面白い客

嫌われる客

・不潔な客
・過剰なサービスを求める客
・態度が悪い客
・部屋が汚い客(自宅に呼んだ場合)

特に不潔な客は嫌われます。ペニスをフェラしたりするわけですから、そこが汚かったら・・・最悪ですよね。NG客に指定されるとその女の子の次回はありません。場合によってはお店そのものに拒否されることもあります。

7.優良デリヘル店の選び方は?

高いお店が有料だとは限りません。ポイントとしては
・外部の評価サイトや掲示板の反応
・HPの作り、構成
・リピーターへのサービス(割引券、メルマガなど)
・女の子のブログがあるかどうか

などがチェックポイントになります。特に女の子がブログを書いている場合は、お店のPR文句以外の「本音」が書かれていることがあります。お店が女の子を信用していることでもあり、それだけ優良店である可能性が高くなります。

8. 高級デリヘルと激安デリヘルの違いって!?

デリヘル風俗 高級と激安の違い

色々ありますが、言うまでもなく高級店は若くて美人、かわいい子が多いということです。同じサービスをして高いお金を取れるのは、それは外見が良いひとに決まっています。しかし、それ以外にも違いがあります。

サービスが過激

本番行為はもちろんNGですが、例えば「即尺」(シャワーに行く前にいきなりフェラ)のように衛生的にリスクがある行為を行ってくれます。

接客が対寧

高級店の女の子は接客についてもしっかりと教育されているため、サービス全般を通して気分が良いです。それだけ人材育成にお金をかけていることになります。

ヘルスサービスが上手い

いうまでもなく、ヘルスの技術が上手です。腰がとろけるようなフェラ、まるで挿入しているような素股など、技術が確かなのが魅力です。

あとはお店の雰囲気とご自身が合うかどうかです。激安店であっても十分に楽しめますし、高級店だと緊張してしまう人もあるかもしれませんね。

9. デリヘルと性病の関係

性風俗である以上病気の危険は常に付きまといます。高級店ならば定期的に性病検査を行っていて、それを特徴として謳っているところもありますが。100%防ぐことはできません。前の客が病気を持っていて感染してしまったらどうしようもないですよね。

完全に性病を防ごうと思えば

・粘膜の接触をしない(キス、クンニ、フェラなど全て避ける)
・コンドームを最初からつける

を徹底するしかありません。もちろん、生で本番などとんでもないですが、そこまでしなくても完全に病気のリスクを排除しようと思ったらそもそもヘルスに行かないことが一番になってしまいます。絶対はありませんから。

病気を考えるのであればデリヘル許可のある「性感マッサージ」が良いと思います。ソフトサービスでキスやフェラはありませんがその分粘膜接触リスクもありません。ただ、手とペニスの接触で感染する病気も0ではありません(「性病」ではないかもしれませんが)。そこまで考えるとオナニーもできませんので・・・。

あとはご自身がリスクと快楽をどう天秤にかけるかだと思います。

10.写メ詐欺(パネマジ)に騙されないデリヘル遊び

パネマジ(パネルマジック)は写真を加工して別人のようになっている女の子のことを言います。完全無修正の顔写真というのは度胸がいりますので、女の子も許可しないことがあります。

・モザイクのない写真
・全身が写っている写真
・髪の毛で隠れていない写真
・明るい色の写真

などポイントは様々にありますが、お勧めなのがお店のHPに掲載されているプレイ動画の確認です。画像を修正することはできますが、動画を修正することは非常に難しく、例えモザイクがかかっていたとしても全身の輪郭(太さなど)や顔の表情は分かります。

そこで判断するのが良いと思います。それに、動画をUPしているお店は女の子に自信があるのだと考えますので、全体的に優良店だと言えます。

まとめ

・デリヘルは風営法で許可されたお店で性的サービスが可能
・店舗ではなくホテルや自宅でサービスを受ける
・独特の用語があり奥が深い世界である
・お店のレベルや女の子の質に差があるので上手に選ぶスキルが必要